【報告書】(電機連合)2019平和行動in長崎

【報告書】(電機連合)2019平和行動in長崎

{目的}
 戦後70年以上が経過し、戦争体験者が減少
 する中で、平和の尊さや大切さを次世代に
 伝えることは、労働組合役員また現代に生
 きる私たちの責任であるとと考え、連合の
 平和行動へ役員・組合員を派遣することと
 しています。

{日程}2019年8月7日(水)~9日(金)
{参加}日立産機システム労働組合 習志野支部
{内容}
 〇第1日目 8月7日(水)
  ・オリエンテーション
  ・原爆養護ホーム「めぐみの丘」訪問
 〇第2日目 8月8日(木)
  ・学習会「被爆体験者講話」
  ・原爆資料館・原爆爆心地
  ・平和祈念公園見学
  ・三菱重工資料館見学
  ・連合2019平和長崎集会
 〇第3日目 8月9日(金)
  ・三菱電機慰霊祭
  ・「長崎原爆犠牲者慰霊式典」

【報告書】
 ○第1日目 8月7日(水)
 ・オリエンテーション
 ・原爆養護ホーム「めぐみの丘」訪問
 「めぐみの丘」に到着し、玄関から入ると
 入所者やスタッフの方から温かい拍手で迎
 えて頂き、歓迎セレモニーを受けました。
 入所者は、かなり高齢の方ばかりでしたが
 皆さんお元気でした。
 
 スタッフの方から「めぐみの丘」の歴史や
 原爆投下時の状況をお聞きして、改めて戦
 争の悲惨さを感じました。

 ○第2日目 8月8日(木)
 ・学習会「被爆体験者講話」
 ・原爆資料館
 ・原爆爆心地
 ・平和祈念公園見学
 ・三菱重工資料館見学
 ・連合2019平和長崎集会
 学習会では、池田さんより講和をして頂き
 ました。原子爆弾で一瞬にして自分以外の
 家族全員が亡くなり、引き取られた家では
 家事を強制されて学校はいつも遅刻だった
 とのことです。
 
 私は、ニュースでしか知らなかった原爆の
 話を初めて体験者から聞いて、心が痛むと
 ともに二度とこのようなことが起こっては
 いけないと感じました。
 
 原爆資料館では、当時の原爆の爆発時のき
 のこ雲の映像や焼け焦げて亡くなった人の
 写真、遺留品等展示されていました。また
 原爆投下前後の長崎の航空写真もあり、投
 下後の変わり果てた長崎の街を見て、原爆
 の怖さを感じました。

 原爆爆心地では記念碑があり、碑の横に原
 爆死者の累計数が表記され、毎年死者が加
 算されていくとガイドさんより聞きました。
 
 74年前の原爆投下から、まだ死者が増え続
 けていることを考えると、恐ろしさを感じ
 ました。

 平和の泉は、原爆で体内まで焼けただれた
 被爆者が「水を」「水を」とうめき叫びな
 がら死んでいきました。その痛ましい霊に
 水を捧げるための泉であり、平和祈念式典
 でも献水がされていて、改めて水の大切さ
 を感じました。平和祈念像は、天を指した
 右手は”原爆の脅威”を、水平に伸ばした
 左手は”平和”を軽く閉じた瞼は、原爆犠
 牲者の冥福を祈っているといわれています。
 
 三菱重工資料館は、長崎造船所の資料館で、
 これまでの造船の歴史が保存されていました。
 日本最古の工作機械やタービンの検査事故
 時の物、砕氷艦しらせのスクリュープロペ
 ラの試作品等見応えのある展示物が多く、
 見学時間が足りませんでした。
 
 連合2019平和長崎集会では、高校生平和大
 使の活動内容の紹介やピースフラッグリレ
 ー、2020年核兵器不拡散条約(NPT)再検討
 会議に向けたシンポジウムでは、外務省の
 活動報告や被爆者のお話、核兵器の国際情
 勢の講和を聴講しました。
03.平和祈念像.jpg01.めぐみの丘_銅像.jpg06.平和祈念式典1.jpg07.平和祈念式典2.jpg05.連合集会.jpg04.三菱資料館.jpg02.原爆資料館.jpg
 ○第3日目 8月9日(金)
・三菱電機慰霊祭・「長崎原爆犠牲者慰霊式典」
 三菱電機慰霊祭に参加させて頂きました。
 三菱では、当時472人の尊い命を失い、多
 数の負傷者を出したということです。
 
 慰霊祭の前に被爆された三菱電機OBの方から
 当時の甚大な被害状況についてお話をして
 いただきました。その後、慰霊祭に参加し
 てお焼香させて頂きました。

 ○所感(全体を通して)
 今迄、戦争や原爆の話はテレビで見て何と
 なく知っている程度でしたが、今回平和行
 動に参加させて頂き、原爆の爪痕を自分の
 目で見て確認したり、被爆体験者のお話を
 直接聞いたり、連合の集会や平和祈念式典
 に参加することで、平和であることの大切
 さや原爆の恐ろしさへの理解が深まりました。
 
 まだ、世界には核弾頭が13,880発も存在し
 ており、我々を含め人類が核兵器の脅威に
 さらされている状況が続いていることを知
 りました。
 
 今後は、核弾頭を減らす活動についても興
 味を持ち、署名活動等の協力要請があれば
 積極的にしていきたいと思いました。

 また、被爆体験者が80歳代となり、直接お
 話を聞けるのも時間が無くなってきている
 状況であり、もっとたくさんの方に直接話
 を聞いて頂いて、原爆の悲惨さを感じても
 らいたいと思いました。

 今回、平和行動に参加させて頂き、原爆の
 ことや平和活動に触れる機会を与えて頂き
 大変良い経験になりました。自分自身も今
 後は、平和活動や核兵器縮減への取組み活
 動について興味を持って協力していきたい
 と思います。

 今後も連合として平和活動は続けて頂いて
 原爆と平和行動への理解者を増やして頂け
 ればと思います。有難うございました。
1.jpg
【電機連合千葉地方協議会】
 ・公式HP
 (http://www.jeiu.jp/chiba/)
 ・事務局長ブログ
 (https://denki-chiba.at.webry.info/)
 ・フェイスブック
 (https://www.facebook.com/chiba.denki.5/)
 ・インスタグラム
 (https://www.instagram.com/denkichiba/)
 ・ツイッター
 (https://twitter.com/PWOERtoJAPAN)
 ・LINE
 (ID:denkichiba 番号:070-2611-7819)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント